社会人基礎力・人間力を強化する研修カリキュラムをご提供しています。

  • TOP
  • 人材開発支援助成金 ・ キャリアアップ助成金

アイコン予算がなくても、助成金の活用で社員のスキルアップを!アイコン

中小企業が研修に利用できる「助成金」
をご存知ですか?

職場環境の改善、雇用の安定、社員の能力向上に活用できる「助成金制度」
年間3000種類もある補助金・助成金のうち、お得な2種類の助成金をご案内します。
他にも利用できる「助成金」が多数ありますので、お気軽にご相談くださいね。

今からできる申請できる助成金あります!

【社員のスキル支援】
教育訓練休暇等制度、一般企業型訓練、セルフ・キャリアドッグ制度
【女性社員の支援】
女性活躍加速化助成金

わかりにくい助成金の申請を総合サポートいたします!
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

  • 人材開発支援助成金
  • キャリアアップ助成金

人材開発支援助成金

人材開発支援を効果的に促進するため、
職業訓練等の実施を行う事業主に研修にかかる経費を助成する制度です。

1人1コースあたりの助成額

研修費用の 45% 研修時間
1時間当たり
760

(最大で研修費用の60%1時間あたり960)

※助成金は研修の実施時間や受講者の属性、厚労省が規定する生産性要件などにより変動します。
非正規雇用の労働者に対する「キャリアアップ助成金」の詳細はこちら
人材開発支援助成金対象者は正規雇用する労働者です。
  • 助成金申請の流れ
    助成金申請の流れ
    《注意事項》

    申請が認定されるまでに2週間~1ヶ月間かかります。ご考慮の上、日程をご検討ください。
    スケジュール申請後の変更には、変更申請が必要になります。
    申請通りに受講されない場合、助成金が支給されない場合があります。

  • 基本要件
    《制度利用について》
    • ・正規雇用労働者への研修であること
    • ・雇用保険適用事業所の事業主であること
    • ・会社都合による解雇が無いこと(研修開始日の6ヶ月前から換算)
    • ・厚生労働省の定める申請書類を提出して研修を実施すること
    • ・1コースの訓練時間が20時間以上であること
    《申請における留意事項》

    企業様の事業内容や、受講者の年齢や勤続年数により、助成額が変動します。
    事前によくご確認ください。
    1事業所が1年度内に受給できる助成額は最大500万となります。

  • 支給額
    《コースについて》

    人材開発支援助成金には、大きく分けて「特定訓練コース」と「一般型訓練コース」がございます。
    ※それぞれのコースの詳細につきましてお問い合わせください。

    《支給額について》

    研修を行った場合に支給される助成額は、コースと訓練時間数によって異なります。

    訓練コース 中小企業 大企業
    経費助成 賃金助成 経費助成 賃金助成
    特定訓練コース
    ※下段は生産性要件を満たす場合
    受講料総額の
    45%
    1時間当たり
    760円
    受講料総額の
    30%
    1時間当たり
    380円
    受講料総額の
    60%
    1時間当たり
    960円
    受講料総額の
    45%
    1時間当たり
    480円
    一般型訓練コース
    ※下段は生産性要件を満たす場合
    受講料総額の
    30%
    1時間当たり
    380円
    - -
    受講料総額の
    45%
    1時間当たり
    480円
    - -

    ※経費助成とは、研修費用について助成される金額を指します。
    ※賃金助成とは、研修時間における賃金について助成される金額を指します。

    《生産性要件について》

    生産性を向上させた専業主に対して、助成額の引き上げが行われます。
    以下の計算式に基づいて算出された「生産性」が、3年前に比べ6%以上伸びていることが条件です。
    (設備投資や給与の向上、利益率の向上などで判定されます。)

    生産性 =
    営業利益+人件費+原価償却費+動産・不動産賃貸料+租税公課 雇用保険被保険者数
    《中小企業事業主の範囲について》

    「主たる事業」ごとの下表「A」または「B」のいずれかの基準を満たしている場合、中小企業主となります。

    主たる事業 A 資本金額または出資総額 B 企業全体で常時雇用する従業員数
    小売業(飲食店含む) 5,000万円以下 50人以下
    サービス業 5,000万円以下 100人以下
    卸売業 1億円以下 100人以下
    その他の業種 3億円以下 300人以下
    《経費助成の上限額》

    支給額については、上記の表の通りですが、経費助成には上限額が設定されています。
    この上限額につきましても、企業規模とコース、訓練時間数によって異なります。詳細は下記表をご参照ください。

    訓練コース 企業規模 20時間以上
    100時間未満
    100時間以上
    200時間未満
    200時間以上
    特別訓練コース 中小企業 15万円 30万円 50万円
    大企業 10万円 20万円 30万円
    一般訓練コース 中小企業 7万円 15万円 20万円

    ※企業規模とは、労働局の定める基準によって「大企業」と「中小企業」に分類されます。
    詳しくはお問い合わせください。

キャリアアップ助成金

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者に対し、キャリアアップを促進する取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。

助成金は1人1コースあたり

上限 20万円 研修時間
1時間当たり
800

※研修費用の負担額は、訓練時間数や業種により変動する場合があ利ます。
正規雇用の労働者に対する「人材開発支援助成金」の詳細はこちら
キャリアアップ助成金対象者は有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった非正規雇用の労働者です。
  • 基本要件
    《制度利用について》
    • 非正規雇用労働者への研修であること(有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等)
    • 雇用保険適用事業所の事業主であること
    • 会社都合による解雇が無いこと(研修開始日の6ヶ月前から換算)
    • 厚生労働省の定める申請書類を提出して研修を実施すること
    • 1コースの訓練時間が20時間以上であること
    《申請における留意事項》

    企業様の事業内容や規模にかかわらず、すべての企業様でご利用可能です。
    1事業所が1年度内に受給できる助成額は最大500万となります。

  • 支給額
    《支給額について》

    研修を行った場合に支給される助成額は、訓練時間数によって異なります。
    詳細につきましては、下記表をご参照ください。

    訓練の種類 助成対象 20時間以上
    100時間未満
    100時間以上
    200時間未満
    200時間以上
    ワークアカデミーでの研修(Off-JT)
    ※( )は大企業の場合
    賃金助成 1人1時間当たり 800円(500円)
    経費助成 10万円
    (7万円)
    20万円
    (15万円)
    30万円
    (20万円)

    ※経費助成とは、研修費用について助成される金額を指します。
    ※賃金助成とは、研修時間における賃金について助成される金額を指します。
    ※尚、社内研修(OJT)を合わせて実施する(有期実習型訓練コース)場合、
    上記に合わせて実施助成として、1人1時間当たり 700円が助成されます。

ワークアカデミーでは、社労士とともに助成金申請のサポートを行っております。

上記のほかにも使える助成金はたくさんありますので、まずはお問い合わせください!

「助成金を使えるのか知りたい」「どんな助成金があるの?」など、何でもお気軽にご相談ください!

06-6311-9898

受付時間
10:00〜18:00(土日祝休)